塾講師に求められるスキルといえば、まずはもちろん学力です。
ただ一般的に大卒以上の方であれば、学力はその時点で備わっていることがほとんどでしょう。
もし苦手な科目や分野があったとしても、大人になってから勉強すればその習得はそこまで難しいことではありません。
本当に求められていることは、教務力なのです。
教務力と聞いてもピンとこない方もいるかもしれませんが、生徒の受け入れからカリキュラムの作成や成績管理など、運営に関わることを指します。
塾講師といえど会社勤めの一環ですから、このような事務処理能力は必須です。
こういった事務作業をこなすには、年単位で先を読み行動できる力と週間単位で目の前のことを処理していく几帳面さを持ち合わせている方が向いていると言えるでしょう。
これは難しいことではなく、例えば他の職種からの転職を検討されている方や新卒で塾教師になろうとお考えの方に関しても、今までの仕事や学業への考え方やこなし方と大差はありません。
個別指導塾であれば生徒に合った指導方法や内容を考えたりするのも教務の一つですから、そういった意味では人間付き合いが好きな方も向いている職種と言えますね。
大きな視点で物事の動向を見ながら、細かいフォローができる方はきっと講師としても運営者としても成功できるのではないでしょうか。